パレスチナ伝統工芸品の輸入販売【パレスチナ・アマルオンラインショップ】
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

お知らせ
INFORMATION

【オリーブ・ペンダント販売について】パレスチナの人気女性デザイナーによるオリーブ・ペンダント。すでに在庫薄ですが、販売を開始いたします。チェーンは写真と異なりますので、予めご了承下さいませ。(2019/3/20)

【オンラインストアの営業について】東京イベントに伴いまして、3月21・22日はお休みさせて頂きます。その間のご注文は、25日より順次対応させていただきます。大変申し訳ございませんが、予めご了承のほどよろしくお願いいたします。(2019/3/20)

【3月展示販売会&トークイベントのお知らせ@東京】東京:3月22〜24日エシカルペイフォワード(日本橋)にて。24日にトークイベントを行います。ぜひ、ご参加くださいませ。くわしくは、こちらから

【ギフト包装承ります】プレゼントに、ギフト包装を無料で承っております。ご注文の際に、備考欄にご記入下さいませ。(2018/12/11)

【メディア掲載】アマルの活動についてNHKがご紹介下さいました。(2018/1/26)

【講演会のお申し込み】パレスチナやガザのこと、作り手の営みや、パレスチナ刺繍のお話しをさせて頂いております。お気軽にcontactからお問合せくださいませ。(2018/4/29)

おすすめ商品
RECOMMEND ITEM

Last Keffiyeh
「ガザ」という地名が「ガーゼ」の由来という説があるくらい、パレスチナは織物文化が盛んでした。 住んでいた土地を追われて難民となったパレスチナ人にとって、身に着けて持ち出せた衣類が文化やアイデンティティーの象徴となります。
今、パレスチナには織物工場がひとつしかありません。唯一残されて工場で作られた、最後のパレスチナ製織物。それが、「ラスト・カフィーヤ ®」です。

ラスト・カフィーヤ ®を見る
UNRWA Sulafa
「Sulafa」とは、1950年に立ち上げられたUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)の刺繍プロジェクト。
パレスチナ難民の女性たちに収入を得る機会を与えるだけでなく、刺繍の伝統と文化を維持し、次の世代にその物語と技術を継承する役割も担っています。

スラファを見る

コンテンツ
CONTENTS

【パレスチナ・アマル(Amal Falestini) について】
パレスチナ・アマル(Amal Falestini)のオンラインショップにご来店いただきまして、ありがとうございます。代表の北村です。
日本のみなさまに、パレスチナの伝統文化をご紹介。現地に唯一残る織物工場から最後のパレスチナ織物“ラスト・カフィーヤ”や、ガザの難民女性300人が作り手である国連(UNRWA)の刺繍プロジェクト「Sulafa」のパレスチナ刺繍をお届けします。どうぞ、パレスチナの伝統の美しさをお楽しみ下さい。